「思考の整理学」を読んで・忘れる事は考える為に必要なスキルである | 考えるオヤジ    

考えるオヤジ

仕事と育児を頑張るオヤジ達が「ほっ」とひと息つけるブログでありたい。父親視点での子育て・ライフハック・趣味など幅広く情報発信。

「思考の整理学」を読んで・忘れる事は考える為に必要なスキルである

このエントリーをはてなブックマークに追加

      2016/01/01



学者や文学博士としてご活躍されている外山滋比古さんの「思考の整理学」という本が面白いです。
僕はこの本と出会い、「考える」事に対する感情がガラっと変わりました。

shikounoseirigaku

「考える」は難しいものでも、面倒くさいものでも、暇潰しにする事でもなく、むしろ気楽で個性的で、楽しいものであり、考えるために時間を使う事がなんとも贅沢な時間に変化した、とでもいいましょうか。

著者はこの本のあとがきで、この本をハウツウものにならないようにしたと書かれていますが、様々な例を示しながら、「考える」が自然と備わるような術が沢山詰め込んであるように思います。

 

忘却することの大切さ

例えば思考を充実させるために、忘却する事の大事さを語られています。

学校は「忘れる」というものを悪として、幼い頃から教えます。とにかく覚えろ憶えろ、知識こそ至高であると。そうして行き着くのが現代の学歴社会です。頭の優秀さ=記憶力の優秀さと同じとされているわけです。

しかし、知識を頭の中に留めておくという事は、その分の余裕というか、考えるスペースを失くす事であると著者は言います。

机の上に例えると、沢山の教科書や参考書、様々な種類の辞書、筆箱や筆記用具。。。ノートをとるようなスペースも無く沢山これらが机の上に置かれていたら・・・。そう考えると物凄くナチュラルに理解できてしまいます。

おまけに現代社会は言わずと知れたパソコン社会であります。

記憶する事や知識なんて物は、パソコン(ハードディスク)に任せてしまえばいいのです。

人間の頭を倉庫としてみれば、危険視される忘却だが、工場として能率をよくしようと思えば、どんどん忘れてやらなくてはいけない。

と、ここまで忘れる事の重要さを述べられているわけです。

 

【まとめ】「考えるオヤジ」の由来はここから

とまあ、ここで紹介しました忘却法は、思考を整理するための一つであり、そのほかにも沢山の、「思考の整理学」が語られています。

30年近く昔に出版された本ですが、コンピュータの台頭、それにより人間にしかできない「考える」能力の重要さと必要性、それを堅苦しく感じさせない、むしろ「考える」が楽しいことであり贅沢なことであると教えてくれる、そんな本です。

何を隠そう当ブログタイトルである「考えるオヤジ」は、この本からヒントを得て命名致しました。
って特に捻りもなんもないタイトルですけどね。

てことで!

しろうめず@ShiroUmezでした。




この記事がお役に立ちましたらシェアして頂けると嬉しいです。
  • 21 follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 - 書評

  合わせて読みたい【書評】関連記事

アスペルガーアイキャッチ
大人になってからアスペルガー症候群と診断された本人が語る症状とは

こんにちは!しろうめず@ShiroUmezです。 先日本屋さんでたまたま目にし手 …

yomaserutameno
ブログに使える文章術!「読ませる」ための文章センスが身につく本

1冊のノートにまとめなさいシリーズでおなじみの奥野宣之さん(フリーライター)のk …

lgf01a201404111100
詐欺師に騙されやすい人必見!詐欺師は巧妙に心理術を駆使していた

こんにちは、しろうめず@ShiroUmezです。 以前、【マルチ商法に騙されやす …

gukitoshitenokakugijutu
心に刺さる文章術!イケダハヤト氏「武器としての書く技術」が凄い

「プロブロガー」という職業を身を持って世に知らしめた、あのイケダハヤト氏の著書「 …

blogkigyou
普通のサラリーマンに是非オススメ!かん吉さんの「ブログ起業」感想

ウェブサービス開発者でありブロガーであるかん吉さんの「ブログ起業 10年9割廃業 …

kodomogakawaru
今すぐ実践できる育児本!子供が変わる怒らない子育て/嶋津良智

2011年に第一子である長女が誕生。 恥ずかしながら、こいつがもう可愛くて可愛く …

jouhou1satsu
情報は1冊のノートにまとめなさい【完全版】(奥野宣之氏)は実践できる100円ノート術!

この本は、2008年に刊行されベストセラーとなった100円ノート術「情報は1冊の …