川崎少年殺人事件に衝撃!少年法の改正や撤廃をもっと考えるべき | 考えるオヤジ    

考えるオヤジ

仕事と育児を頑張るオヤジ達が「ほっ」とひと息つけるブログでありたい。父親視点での子育て・ライフハック・趣味など幅広く情報発信。

川崎少年殺人事件に衝撃!少年法の改正や撤廃をもっと考えるべき

このエントリーをはてなブックマークに追加

      2016/01/03



神奈川県川崎市の多摩川河川敷で、中学1年生の男子が殺害された事件についてテレビや新聞にて連日報道されています。

kawasaki

大変痛ましい事件でありあまりに酷い残虐性から、正直これまでまともに報道内容を直視する事ができないでいました。

目に入る記事の見出しや聞こえてくるニュースの内容があまりにも人間離れしていて、考えるだけで被害にあわれた少年が可哀想で可哀想で・・・。

心よりご冥福をお祈り致します。

 

犯罪に大きい小さいは「ある」

殺人容疑で逮捕された少年たちのうち18歳のリーダー格と云われている少年がポツリポツリと自供を始めたとの事ですが、ご遺族の為にも社会の為にも、自分たちが犯した過ちについて心から反省して欲しいと切に願います。

しかし当然、いくら彼らが反省したところで被害者の男子中学生が返ってくることは無いし、彼らが犯した罪も消えません。

犯罪に大きいも小さいも無いなどと言う人が偶におられますが、僕はその意見に真っ向から反対します。

殺人はこの世で最大の凶悪犯罪です。

何人たりとも、殺意を持ってして人を殺める事は、現日本国において最も犯してはならない罪であると思います(当然、法によって定められた、刑罰としての死刑は除きます)。

それは例え加害者が未成年者であったとしても。

そう、少年法について物申したいわけです。

撤廃しろとまでは言いませんが、改正(少年の定義、年齢の引き下げ)についての議論がもっともっとなされるべきではないかと思うのです。

少年法

第一章 総則
第二条 この法律で「少年」とは、二十歳に満たない者をいい、「成人」とは、満二十歳以上の者をいう。

選挙権の年齢引き下げ案が与野党6党により本日衆議院に提出されました。

今国会でこの改正案が成立すれば、来年の参議院選挙から選挙権の年齢が現在の20歳から18歳に引き下げられる見通しとなります。

選挙権「18歳以上」に引き下げへ!成功のカギはマスコミの成熟化?

これと同時に政治家の先生方にはこの少年法の年齢引き下げについてもっとしっかりと考えて貰いたいもんです。

権利には義務が伴うのは当たり前の事だしね。

 

猟奇的少年犯罪である長崎佐世保事件

昨年7月には長崎県佐世保市内で、当時15歳だった少女が同級生をマンションの自室にて殺害し、遺体の一部を解体するなどという猟奇的な事件もありました。

今年始めには容疑者である少女の精神鑑定が終了し刑事責任能力があるとの判断が下されたとの事。

いや、そもそも人殺しに対して精神鑑定ってなんなんよマジで!?

精神的にまともじゃないから殺人なんてとんでもない事やっちまうんだろと。

正直言って昔からモヤモヤしてますこの件について。

まぁ精神鑑定の件は置いといて、少年だから、少女だからなどと言ってる場合でしょうか。

大人顔負けの残忍性です。

いや、子供だからより残忍なのかもしれませんが・・・。

 

遺族にとって犯人が未成年かどうかなんて関係ない

少年法の目的は、少年法の第一条に「この法律は、少年の健全な育成を期し、非行のある少年に対して性格の矯正及び環境の調整に関する保護処分を行うとともに、少年の刑事事件について特別の措置を講ずること」とあります。

性格の矯正、更生をしたところで犯した罪は消えません。

一生ついて回ります。

それよりもなによりも、被害者の遺族達は、自分の最愛の人間を理不尽な形で失った悲しみ、憤り、苦しみに対しどう納得すればよいのか・・・。

相手が少年であるからしょうがない?あなたの息子や娘を殺した少年を、少年法によってきっと更生させて今後は健全に育成していきます?

遺族にとって、相手が未成年か成人かなんて関係ないでしょう。

子を持つ親として、ご遺族の心中を想像する事でさえ辛すぎて、正直まともな思考を保つ事すら難しい程です。

そんな想いでこの先一生生きていかなければならないなんて・・・。

先程ちょろっと述べましたが、権利には義務が伴うわけで、現代の我が国においてそのバランスが少々、いやかなり崩れてしまっているのではないかと思うわけです。

人権、権利、自由、平等・・・。

法律は、まず誰を守らなければならないのか。

誰を守るべきなのかを、我々国民はもう一度考え直さなければならない時期が来ているんじゃないかな、なんて僕は思ったりするわけですよ。

柄にも無く熱弁してしまい、寝る前なのに少し興奮気味のしろうめず@ShiroUmezでした。




この記事がお役に立ちましたらシェアして頂けると嬉しいです。
  • follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 - 政治・社会

  合わせて読みたい【政治・社会】関連記事

lgf01a201402180700
選挙権「18歳以上」に引き下げへ!成功のカギはマスコミの成熟化?

著作者:RolandWillaert 選挙権が現在の「20歳以上」から「18歳以 …

gf01a201502191800
マイナンバー制度で副業が会社にバレる?マイナンバー制度のメリットとデメリット

著作者:LGEPR 2015年5月21日の衆院本会議でマイナンバー法改正案が可決 …

nkhkiji
もはや押し売り!NHK受信料契約を解約した時の話と解約方法

著作者:vanhoeckequinten 今日は、いつもなにかとお騒がせの公共放 …

Otherwise it is death freely
ギリシャ総選挙に勝利しチプラス新内閣発足!予想通り反緊縮路線か

先日のギリシャ総選挙の結果、EUや国連(IMF)の推し進める緊縮財政に反発してい …

安保関連法成立
安保関連法成立を観て、非国民と言われた事を思い出したというお話

こんにちは!しろうめず@ShiroUmezです。 2015年9月19日未明、安全 …

タバコ増税
タバコ辞めたらたばこ増税のニュースが流れる度に幸せになれるよ

こんにちは、しろうめず@ShiroUmezです。 どうやらタバコ増税が本格的に決 …

マイナンバーアイキャッチ (2)
マイナンバーの個人番号カードをスマホで簡単に申請する方法

こんにちは、しろうめず@ShiroUmezです。 遅ればせながらマイナンバーにつ …