3歳娘が発熱からひきつけを起こし急性脳症と診断された時の話(無事完治) | 考えるオヤジ    

考えるオヤジ

仕事と育児を頑張るオヤジ達が「ほっ」とひと息つけるブログでありたい。父親視点での子育て・ライフハック・趣味など幅広く情報発信。

3歳娘が発熱からひきつけを起こし急性脳症と診断された時の話(無事完治)

このエントリーをはてなブックマークに追加

      2016/01/01



「最悪、お姉ちゃんの意識はこのまま戻らないかもしれない。」

医師のその言葉を聞き、僕の頭の中にあった全ては一瞬のうちに吹っ飛び、真っ白になりました。

40度近い高熱で寝込んでしまった3歳になったばかりの長女を連れ、かかりつけの病院へ駆け込んだのは去年6月初旬の事。その時、最初に診断していただいた時の病名は感染性胃腸炎、いわゆる胃腸が弱ってしまうただの「風邪」という事でした。

幼い子供はちょっとした風邪でも高熱が出るもんだという意識が僕にも妻の頭にもあったので、薬飲んで寝てればそのうち治るだろうと、いつも通り軽く考えていたのです。

しかし、2日経ち、3日経っても40℃近い高熱が何故か治まらない。

 

かかりつけ医~大病院へ

4日目、心配で顔を覗き込んでいると、様子がおかしい。

黒目がスーっと右上に上がっていって白目になったり、意味不明な言葉を発するようになったのです。

抱っこしてるのに「お父さん抱っこー!」と泣きわめいたり・・・。

高熱のせいで幻覚でも見てるのかなと思いながら抱っこしているお姉ちゃんの顔をふと見ると、目をこれでもかってくらいひん剥いている。

沢山の汗をかき、体中に力が入り、全力で父を抱きしめている。

これはまずい。そこで初めて、娘がひきつけを起こしている事に気付き、再びかかりつけの病院へ。

「これはちょっとウチ(の病院)では手におえない。大病院の紹介状を書くので、今すぐ連れて行きなさい。」

・・・え、どういう事?

僕も妻も事態の把握ができないまま、苦しそうに呻いている長女を車に乗せて、紹介された大病院へ向かいました。

 

診断結果は「急性脳症」

到着するとすぐに僕たちの元から隔離されて検査を受ける長女。同時に入院の準備をするように伝えられ、一旦自宅に戻り準備をする妻。

そして僕、検査結果を待つ事2時間弱。

「急性脳症」という病気である事、このまま意識が戻らない可能性もある事、戻っても障害が残る可能性がある事などを、主治医の先生が教えてくれたのでした。

意識の戻らない娘の眠るベッドの横で、スマホ片手に必死にググりました。

「急性脳症」「入院」「障害」「確率」「髄膜炎 急性脳症」「急性脳症 年齢」「急性脳症 障害 確率」・・・etc.

涙が止まりませんでした。

せっかくググったサイトやブログもまともに読むことができませんでした。

 

一夜明けて

翌朝ふと気付くと、ボンヤリと虚ろではあったけど、目を開け僕をじっと見つめていた長女。

すぐに僕は必死で話しかけました。どっか行きたいとこはあるか?今何がしたい?何が欲しい?

うわごとのようにだけど、しっかりと僕に「本屋さんに行きたい」と意思を伝えてくれた長女。心から安堵した瞬間でした。

主に点滴で投薬し、次第に回復していく娘。

入院3日目には呂律の回らなかった口元もハッキリと治り、点滴をしながら院内の遊技場へ遊びに行きたがり・・・。

入院から約10日間で無事退院。

その後は何事も無かったかのように、元気に、健康に育ち、今春保育園に入園します。

追記/2015.5.14/悩みや心配事は絶えませんが、その後無事成長しています。

子供(3歳年少組)が「保育園に行きたくない」と言い出した!そこで考えた3つの対処法

長女4歳の誕生日!可愛い子には旅をさせよとはよく言ったもんだのお話

 

手作りチョコレート

そんな長女が昨日2月14日、仕事を終えて帰宅した僕に、満面の笑顔でチョコレートを手渡ししてくれました。

お母さんと一緒に手作りしてくれたそうです。

Valentine2015

長女曰く「ちゃんと、お昼寝してから食べてね!」と。

お母さんに言われた事を僕にそのまま伝えてきたのでしょうけど、思わず爆笑してしまいました。

この年のバレンタンデーは、初めて長女に手作りチョコを貰った、最高のイベントとなったのでした。

 

追記2015.8.14)【関連記事】当時の様子を日記を見ながら詳細にまとめてみました。

急性脳症の症状と経過(長女3歳・完治・後遺症無し)当時の日記より






ブログランキングに登録しています!応援よろしくお願いします↓
  • にほんブログ村 子育てブログ 親バカへ
この記事がお役に立ちましたらシェアして頂けると嬉しいです。
  • follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 - 子供の病気

  合わせて読みたい【子供の病気】関連記事

喘息記事
喘息って治る?次女(2歳)が喘息と診断され完治について考えてみた

こんにちは!しろうめず@ShiroUmezです。 シルバーウィークに長野県へ旅行 …

注射器を持つ女医
子供と一緒にインフルエンザ予防接種を格安料金で受けてきたよ

こんにちは、しろうめず@ShiroUmezです。 妻と子供たちと一緒に、僕にとっ …

考える夫婦
喘息の原因は親の過保護にあると言ったら妻と口論になった件

こんにちは!しろうめず@ShiroUmezです。 今日は我が子(2歳)の喘息のそ …

寒がる少女
子供の低体温は万病のもと!?体温を上げる食べ物と改善策とは

こんにちは、しろうめず@ShiroUmezです。 今日は次女2歳のことで、以前か …

脳CTスキャン
急性脳症の症状と経過(長女3歳・完治・後遺症無し)当時の日記より

長女が3歳になった月の翌月、突然急性脳症という病気にかかってしまいました。 何ら …

両手広げる医者
腸感冒(感染性胃腸炎)は我々家族的にトラウマレベルの恐ろしい病気

こんにちは、しろうめず@ShiroUmezです。 先日のある早朝、突然横で寝てい …

夜驚症・泣く
それ本当に夜泣き?泣き叫び絶叫する2歳児、夜驚症の可能性も

こんにちは、しろうめず@ShiroUmezです。 先日こんな記事を書きました。 …